日本を代表する
アミューズメント企業を目指して。


一般的なアミューズメント施設は、スタッフとお客様で“楽しませる側と楽しむ側”に分かれていると思います。しかし、人が心から楽しいと感じられる場所は、誰かに与えられたものではなく、仲間と一緒に苦労しながら創り上げていくもの。私たちサードプラネットは、そんな誰もが楽しいと思える居場所を提供して参ります。現在運営する店舗には毎日、老若男女問わずたくさんのお客様がいらっしゃいますので、その資産を活かして地域のみなさまで交流を図れるよう横浜本店に『みらい公園事業』を立ち上げました。小さなコミュニティが生まれ、人と人とが繋がり、新たな出会いによって夢が見つかる。そんな人と夢を繋げる居場所を創り、日本を代表するアミューズメント企業になりたいと考えています。

テーマは
『親愛なるお客様第一主義』。


気持ちのいい挨拶やちょっとした心配りなど、誰にでも出来ることを徹底する。目の前のお客様のために全力で取り組む。その姿勢はどこにも負けていません。サードプラネットの財産は人だと胸を張って言い切れます。ありがたいことにこの姿勢をお客様に信頼していただき、着実に店舗数を増やすことができました。これからもスタッフの一人一人がそれぞれの持ち場で、お客様に喜んでいただけるよう顔晴って参ります。

サードプラネットが
この業界を変えていく。


ゲームセンターには、治安や環境面で良くないイメージがまだまだ残っています。しかし、そんな業界を私は変えていきたい。この思いを実現するために、学校に禁止されず、お母様方に反対されないお店を私たちが率先して創って参ります。しかしながら今までと同じようなやり方では、実現が難しいでしょう。変革の必要性を全員が感じ取り、イメージを払拭できるように各々が行動していかなければなりません。仮説を立て、失敗を恐れず行動し、問題点があれば随時修正する。その小さなチャレンジの積み重ねが近い将来周りを巻き込み、やがて化学反応をおこし、最終的には業界を変えることに繋がると私は信じています。
代表取締役社長 児玉 篤
代表取締役社長
児玉 篤
児玉からのメッセージ:2019年1月23日