【レトロゲーム】シンプルながら奥が深い…COOL104にチャレンジ!

cool104_top

みなさんこんにちは。ライターのみのわりょうたです。

 

Cool99 0018

 

Cool99 0019

はい。こんにちは。

いつも通り無表情ながら、テンションは高いです。

 

今回も元気にゲーム体験にいってみたいと思っているのですが。

今回体験するゲームは、実は前回の取材時に延期となってしまったゲームなんですよ。

 

先月サープラ横浜本店を訪れた時のこと。

このゲーム筐体にメダルを入れてもうんともすんとも言わなかった為、スタッフの方に助けを求めたんです。

すると帰ってきた言葉は。

 

スタッフさん「すみません、これ故障ですね…。」

ぼく「うぅうぅ…。今回のゲーム、結構練習してきたんだけど…仕方がない…。」

 

という事で、次回へと体験プレイは延期になってしまったんです。

本当に残念でしたよ…。ルールも勉強しましたし、実はアプリも使って練習もしていましたからね。

しかし!ようやく1ヶ月後の今日プレイ出来る日が訪れたので、この1ヶ月分のフラストレーションを今回のプレイにぶつけてみることにしました。

 

それが、こちらのゲームです。

 

Cool99 0001

名称は、What If? COOL104。

シンプルでかっこいいですね。まさにクール。

 

では、このCOOL104がどんなゲームなのか、まずは説明しましょう。

 

COOL104のルール

 

ルールは簡単です。

 

まず5枚のカードをデッキから引いて手札とする。

1枚を選択し山に出す。またデッキからカード1枚を引く。

場に出ているカードと同じマークか、同じ数字のカードが手札にあれば、手札から1枚カードを山に出す。

あとは繰り返し。また1枚カードを引いて、また同じマークか同じ数字のカードを山出す。

これを出せるカードがなくなるまで続ける

 

というもの。簡単ですね。

 

そんなシンプルなカードゲームであるCOOL104。

今回のゲーム体験で目指す目標は…。

 

山から全てカードがなくなるまでカードを出し続けることができるのかチャレンジ!

 

これでしょう。

シンプルなルールのゲームなだけに、目指すべき目標も限られます。全てのカードを出し切ること。

これができればさぞこの記事も盛り上がることでしょう…。

 

Cool99 0020

頂点目指して、やったりますで!

 

COOL104の外観をチェック

 

では、まずは外観から見てみましょう。

 

Cool99 0001

とてもレトロな、雰囲気ある出で立ちをなされていますね。

基本新しいゲームをスタッフさんなら勧めてくるところ、このゲームを勧めてくるあたりセンスの良さを感じますな…。

 

Cool99 0002

筐体の上部にはなにやらトランプたちの絵が。

 

Cool99 0004

きっとトランプマンかトランプレンジャーが名前としてはベタなセンですが、トランプマンは既にいらっしゃるので、こいつらはトランプレンジャー(仮)で決定です。

ひとつトランプレンジャー(仮)に指摘するのであれば

 

Cool99 0006 2

5人中3人のデザインが酷似しているという致命的な点です。

きっと子どもたちの過半数は誰がトランプブルーなのかイエローなのか見分けがつかないので、イラストレーターさんやりなおしでお願いします。

 

Cool99 0010
手元にはベットするメダル数を決めるボタン、決定ボタン、払戻のボタンなどがありますね。

 

Cool99 0012

「SELECT」というボタンは、画面に表示されている5枚の手札から1枚カードを選ぶボタンです。

操作は基本的にカードを選ぶだけ。あとはどれだけこのゲームに集中し、流れと運が味方してくれるのか。これに尽きる気がしますね。

こういうところで勝てるのが持っている男。本田圭佑先輩を見習って、こういう本番で結果を出したいと思います。

 

チャレンジスタート!

 

では、早速スタートです。

 

Cool99 0024

5枚カードが振り分けられました。まずこっから「山」に置くカードを選びます。

 

Cool99 0025

クローバー♣のキングを選びました。

次に出せるのは、同じ♣のマークか、キングのカードとなります。

ちなみに、この後♣9を出し、次に♣8を出したのですが。

 

Cool99 0026

終わりました。わずか3回目。

 

Cool99 0027

持っている男とは真逆の空気が漂っている気がします。酸素をください。

 

Cool99 0029

いやいや、落ち込んでいる暇はない。まだ最初のゲームですからね。続いて行きましょう。

 

Cool99 0030

逆境から快進撃は始まるものです。またゼロからのリスタートですよ。

 

Cool99 0031

 

わずか8回で終了。

 

Cool99 0032

…あれ?

 

おかしいな…こんなもんなんだろうか…。

まぁもう少し続けてみないと何もいえないんで、続けてみましょう。

 

Cool99 0035

 

今度は4回。減った。

 

Cool99 0036

 

うそやん…。(苦笑)

 

徐々に上手くなっていくはずなのに、どんどん理想とは逆行しているぼく…。なんだこれは。

 

これは…ちょっとコツをおさらいした方が良さそうだぞ…。

 

COOL104のコツ

改めて、このCOOL104はどんな方法で進めて行けば良いのか、自分の実感と情報を組み合わせて見てみました。

 

まず最初にやるべき事は、とにかく次へつなげていく事です。

次につなげる為には、

 

・カードを出せる選択肢を多くする事

・手札の中で、次につなげられる数を多くする事

 

が大事です。

Cool99 0084

では、この手札と山を見てみましょう。

 

山には♣8、手札には♥6・8、◆7、8、♣6があります。

次に引くカードを考えず、この手札だけで考える場合。どのカードを最初に出すのが正解でしょうか?

Cool99 0085

正解は♣6です!

 

なぜか。答えはシンプルで、♣6から出すと全てのカードを山へ出す事が出来るからです。

 

これらのカードのうち、最初に山へ出せるカードは♥8、◆8、♣6です。

♥8は、♥8→♥6→♣6か、♥8→◆8→◆7の選択肢がありますが、いずれも3枚しかカードを出す事が出来ません。

 

◆8の場合は、◆8→♥8→♥6→♣6の4枚。

そして♣6の場合は、♣6→♥6→♥8→◆8→◆7の5枚。

♣6を最初に出せば、すべてのカードを山へ出し切る事が出来るんです。

 

と、いう様に。

まずは自分の手札でどれだけカードを繋げられるか、という事を考える事が大事なんですね。

もちろん、実際のゲームではどんどんカードを引いていく事になるんですけど、それはあくまでも不確定要素です。

序盤は見える範囲、つまり手札で、どれだけカードをつなげていけるのかが、多くのカードを連ねていくコツとなるのです!

 

Cool99 0033 2

画面の右上には、残っているカード、既に出たカード(表示なし)が出ているので、ゲームが進む毎にこの表も見て流れを読んでいくのが重要になってきそうですね…!

 

ではプレイ再開!!

Cool99 0040

改めて戦略を確認したところで、リスタートいってみましょう。

 

Cool99 0039

いきなり52枚を続けるのはやっぱりハードルが高いので、とりあえず20を目指す事に。

 

俺手ちっちゃ。

 

Cool99 0041

今度は慎重に進めていきます…。最善のルートを考えて、カードを選んでいきましょう…。

 

Cool99 0042

すると、すぐに結果につながっていきます。

最善のルートを辿りつつつなげていくと、すぐに8枚のカードを出すことに成功しました。

いきなり最初のカード数タイです。やったね。

 

Cool99 0043

さらにカードは山へ出ていきます。とりあえず、10枚は達成!

 

Cool99 0044

ヤッタネ。すぐに結果がついてくるこの才覚。自分でも恐ろしいです。(異論は認めます全力で。)

 

Cool99 0074

その後も順調にゲームは進み、山に出るカードは13枚まで増幅。順調順調。

 

Cool99 0046

…これは…ひょっとしてひょっとして…順調に行ってしまうのではないだろうか…。

 

今まで良い流れをつかみつつも、正直最後は微妙な結果に終わるのが、この体験記事のパターンでした。

 

しかし、今回はちょっと上手く行き過ぎるというか、ハイライト(失敗する笑いどころ)の兆しが見えてきません。

 

逆に不安です。

 

Cool99 0048

次のゲームもあれよあれよと進んでしまい、気がつけば15枚へ。あれ?

 

Cool99 0049

 

(本当に順調過ぎる…。普通はここから失敗が続くんだけど…。)

 

Cool99 0050

♥8が山に出ていたので、♥Aを山に出しました。これで16枚。

 

Cool99 0051

次に出したのは数字の同じ◆A。…これで次に出せるのは◆2だけ。これを出したらもう、終わりです…。

 

Cool99 0052

カード、引きました。。

 

Cool99 0059

。。。

 

Cool99 0052

。。。あれ??

 

これは。。。

 

 

 

Cool99 0082

Cool99 0083

 

 

 

♠2がきたーーーー!!!!

 

 

 

Cool99 0037

奇跡やーーー!!!!

 

ここで◆か2が来ないきゃ終わりの場面で、なんと2を引くとは…。

これで道がつながった!

 

Cool99 0053

これで♠2を出して、19。そして…。

 

Cool99 0054

 

♠12!これで20枚達成!!!!

 

Cool99 0056

さらに♠6を出して21枚目!

残念ながらここでゲームはストップしてしまいましたが…。

 

Cool99 0057

やったね!20枚の目標達成!!

やってみるものです…。途中で目標を下方修正したとはいえ、なんとか目標達成となりました。

 

COOL104、素晴らしい!

Cool99 0061

いかがでしたか?

 

今回もいつも通りドタバタ失敗劇でゲームセット!と思ってたんですけど…なんとか、なんとか良い形でフィナーレを迎える事が出来ました。

でも、やっぱり52枚クリア出来たら嬉しいんでしょうね。。これはもう少し練習して、流れを読まなくては行けません…。

 

ではでは、今回プレイしたCOOL104。ぼくの体験してみての感想はコチラ!

 

・やる事は少ないのですぐにルールが理解できる。

・テンポ良くプレイ出来るのがイイ。

・52枚のハードルはやはり高い…。

・やっぱ俺手が小さい…。

 

以上です!!

という事でみなさん、ぜひサープラにてCOOL104にチャレンジしてみてください。

序盤にも言いましたがアプリも出てるので、練習してから本番に臨むといいですよー!!

COOL104 iPhoneアプリ

COOL104 androidアプリ

 

Cool99 0060

キミの挑戦、待ってるぞ!!

by トランプレンジャー(仮)

 

コチラの記事もどうぞ!

 

【懐ゲー】懐かしのぷよぷよで…悪夢再来の巻。 | THE 3RD PLANET (ザ・サードプラネット)

どうも。ライターのみのわりょうたです。 ちょっと前にチャレンジした、懐かしきストⅡのアーケードゲーム体験、皆さん見て頂けましたか?? 【懐かしすぎる!】サープラの片隅にある”スト2″に震える!! | THE 3RD PLANET (ザ・サードプラネット) どうも、ライターの諒太です。 いきなり濃いショットですみません。演出とかではなく、照明の問題です。 …

【体験記!メダル編Vol.3】シングルマシンの魅力にハマってしまいそう…。 | THE 3RD PLANET (ザ・サードプラネット)

どうもやってまいりました。ライターのりょうたです。 今回の体験プレイは、ちょっと変わった筐体にしてみました。 サープラには数多くの新しいゲームがありますけども、やっぱりレトロなものにも魅力があると思うんですよ。 そんな訳で、今回は若干古めかしい、かつそれが素敵なこちらにチャレンジしてみたいと思います! …