進化した電車でGO!!を体験プレイ! と…とまれない…。。

traingo_top2

どうも。ライターのりょうたです。

 

今回プレイするゲームはですね。幼少期の自分にとっては全く馴染みのなかったものなんです。

身近な人にとってはすごく身近。対して、ぼくにとってはめちゃくちゃ縁遠かった作品です。

 

それがコチラのゲーム。

Traingo 0002

 

電車でGO!!

 

皆さんプレイしたことあります?

恥ずかしながら…僕は自分がプレイした記憶がほぼないんですよね…。やっとしても1回か2回か。。

 

電車でGOとは?

Traingo 0001

 

電車でGO!!とは、1996年にアーケードゲームとして登場し、97年には家庭用ゲーム機に移植、累計売上は102万本という大ヒットを記録したゲームです。

 

ゲームの内容はとてもシンプル。

通常の運転同様、信号や速度制限などのルールを遵守しつつ、ピッタリと駅のホームで電車を停める。これを目標としたゲームです。

 

鉄道ファンの方たちからは熱視線を浴びたゲームだったのでしょうし、世間の関心の高さ、当時よく話題になっていたこと。それはよく覚えています。

 

ただ…ただぼくにとっては何も縁がなかったんですよ。なぜなら…。

 

Traingo 0101

 

 

“最寄り駅”という概念がないほどのド田舎出身だから。

 

そもそも電車に乗れないんで、私生活で電車に接する機会は皆無でした。ザ・車社会。

 

かえってそれが電車への憧れへとつながる人もいるとは思いますが、ぼくは全くで…。

 

東京へと上京を果たし、ようやく電車という乗り物の恩恵を受けることになったのですが、その時には電車でGO!!というモノへの意識はなくなっていましたね…。

 

Traingo 0102
しかし、だからこそ今プレイするのにもってこいな気がするのです。

事前知識がほぼないということ、そして今毎日の様に電車に乗る中で、電車に対する親近感は幼少期の5億倍はあるこの状態。

 

これは今プレイするべきでしょう!!

 

外観と内部

Traingo 0002
では、外観から見ていきましょう。

 

巨大なハコ状の空間でプレイする、最新の電車でGO!!

外部の情報をシャットアウトし、ゲームに集中させてくれそうですね。

 

Traingo 0039

ハコの中には3面のモニターが。

この配置がリアルな感覚をもたらしてくれそうです。正面と左右で様々な映像を見ることが出来ます。

 

Traingo 0099

操作エリアはこんな感じ。意外とシンプルな作りになっています。

 

Traingo 0095

スピード調整をするレバー。マスコンと言うそうです。

 

Traingo 0097

こちらは“レールマンセンス”という機能を発動させるボタン。

これを押すと得点を加算出来るポイントがわかるそうな…。

 

Traingo 0096

中央にはNESiCAのセンサーと、ヘッドホン端子が。

ヘッドホン・イヤホンを使えば、集中してゲームの世界に入ることができそうですね。これは良さげ。

NESiCAを使用すれば、ミッションのクリア情報を保存でき、新しいミッションや区間を走行出来る様になるのでぜひ使用しましょう。

 

いざ、プレイ!

Traingo 0045
では、プレイしていきましょうか。

あ、どうもライターのみのわりょうたです。時間差にて登場。

 

Traingo 0047
最初は初級からですね。いきなり中上級は多分ムリ。一段ずつ階段を登っていきましょう。

 

Traingo 0049

ゲームが始まりました。ちょっとノスタルジックな表現…。

 

Traingo 0050

おぉ…リアルな映像ですね。。昔の電車でGO!!とは全然違う…。

今回のチャレンジは恵比寿から目黒までの区間です。

 

Traingo 0052

急に緊張してきました…。これは本当に車掌になっている気分…。

 

Traingo 0053

時刻は12時31分。。山手線、発車です!

この細かな時間が変なプレッシャーを生みますね…。絶対遅れられないぞ…。

 

Traingo 0055

マスコンを前に倒してスピードを上げます。。それだけでも緊張。

にしても、車掌さんからはこういう景色が見えてるんだな…。良く乗る電車の区間なのに、この視点は新鮮だ…。

 

Traingo 0060

快調に飛ばしていると…。

 

Traingo 0061

制限速度予告が表示されました!

やばい。1キロオーバーだ。。減速しないと…。

 

Traingo 0063

やっていることと言えば、景色を見つつスピード調整をしているだけなんですが…これが楽しい。

この3面の画面と音のせいでしょうか…。鉄道ファンの方々は、ぼくよりももっと楽しめるんだろうなぁ…。

 

Traingo 0066

でも、余裕はない笑

手元の画面にも色んな表示がされているんですが、全く何が出ているのかわかりませんでした。。

 

Traingo 0067

再び速度制限が。

到着駅が近くなってきた分、気をつけなければいけないところ…。

 

Traingo 0069

逆にテンパって速度オーバー笑

勝手に減速されました…。うぅ…ダメ車掌ですみません乗客のみなさま。。

 

Traingo 0071

さぁ最後の大仕事。

停止位置が近くなってきたので、一気に減速します。。

 

Traingo 0074

自分ではそれなりに良いペースで減速していると思ったのですが…。

 

Traingo 0075

過走注意の表示(今のペースだと行き過ぎるぞ!ってこと)

め…めっちゃシビア…。このリアルな厳しさも電車でGO!!の醍醐味か。。

 

Traingo 0077

さらに速度を落として…ゆっくり、、ゆっくりと停止位置まで。。

 

Traingo 0078

そしてゴール!停止までやりきりました!!

 

Traingo 0079

なんか色々注意されてた気がしますがまぁ良いでしょう笑

とりあえず終わってホッとしました!

 

Traingo 0081

ゲームが終わると、駅のホームが写し出されます。

うぅ…なんかすみません皆さん…。多分あんまり良くない運転だったと思ふ。。

 

初運転の結果は…!?

Traingo 0082

最後に、区間リザルトという結果が表示されます。

自分の運転したルートを確認しつつ、どこで失敗したのか、どこが良かったのかがひと目でわかりますね。

 

Traingo 0083

スピード遵守は良かったみたいなのですが、その他に星がつかないというのは、やっぱり良くないのでしょう。。

 

Traingo 0086

あかん…全然ポイントを稼げていない。。

電車の運転、ムズい…。

 

Traingo 0088

そして、目黒到着。

12秒オーバーでの到着のこと。うーむ、これはまだ良い方なんだろうか。。個人的には1分未満なら全然OKな気はするんだけど。

 

さて、気になるこのミッションの結果は…!?

 

Traingo 0089

 

見事、ミッションクリア!!

 

Traingo 0090

よかった。。一応ミッションクリアで。。

評価Cってのは多分普通なのかな?最初でクリアできたんだからとりあえずOKでしょう!

 

まとめ

Traingo 0092

さて、まとめです。

実際にプレイしてみての感想、見どころやポイントをここでおさらいしてみたいと思います!

 

無料チュートリアルもあるから安心!

Traingo 0012

シンプルな操作ではあるのですが、実際スコアを上げる為に行う操作はたくさんあります。

いきなりプレイしてそれらすべてを把握するのは至難の技ですが、電車でGO!!には無料チュートリアルがあるので大丈夫!

まずは無料で一連の動作をプレイしながら確認出来るので、一度操作をおさらいしてから本番に臨むことが出来ますよ!

 

難しい!

 

電車でGO!!、初級でのプレイだったのですが…難しい。

 

Traingo 0077

特に難しいのが最後の停止。

減速の度合いや、停止位置にピタッと止める感覚は、初めてのプレイだとなかなかわかりづらいものでした。

 

しかし、それはデメリットという訳ではなく「次こそはより上手く止めてやろう!」という前向きな感覚なので、むしろこれが醍醐味なんでしょうね。

この感覚になれるのは、操作がとてもシンプルだから、ということに尽きます。

 

これが複雑な操作だったら「もう無理だー!!」と半狂乱になるのでしょうが、そんな心配はまったくない程シンプルな操作。

だからこそ、とにかくコースに慣れて、スコアを上げるポイントさえ抑えれば大丈夫!という気になるんですよね。

 

設備の作り出す臨場感がいい!

Traingo 0040

やっぱり、この設備、このモニター、この空間の特別感はイイですよ。

 

ゲームに集中出来る空間に、実際に電車を操作している様な視界と臨場感。

これは家庭用ゲームでは体験出来ませんからね…。ゲームセンターに足を運ばないと、この体験は出来ません(だからおいで!)

 

鉄道ファンの方ならよりこの空間をじっくり味わえるのではないでしょうか…。この感覚を、一度は体験してもらいたいですね!

 

電車に乗りたくなる!

Traingo 0010

そして、純粋に電車に乗りたくなって来るんですよね。

今回プレイした区間が、馴染みのある区間だということもその要因の一つですが、穏やかに電車に乗った感覚を味わいたくなるんですよぇ…。

 

僕にとって電車というのは交通手段だったんですが、このゲームをやると“乗り物”だ、という感覚が強くなるんですよね。

どこかに行くから乗るのではなく、電車を楽しむ為に乗りたい、という思いが出て来るから不思議です。

 

これも電車でGO!!の魅力なのでしょうか…。

 

いちどは現地でプレイ!

初めてやった僕ですら、いや、初めてやった人間こそ電車でGO!!の感覚を楽しめると思います。

サープラは横浜本店、多摩センター、BiVi沼津店に設定されているので、お近くの方はぜひプレイしに来てくださいねー!

 

Traingo 0018

 

ぼくはイメージキャラクターの「二葉」ちゃんに、また会いにきたいと思います。

趣味は旅行・パズル・プラモデルだそうです。

 

それでは!

 

コチラの記事もどうぞ!

【8コマ漫画】ふたたび!ルイージマンションアーケード 第1話 | THE 3RD PLANET (ザ・サードプラネット)

 

HYOZAAAAN!!で5回チャレンジ!ブリザードラッシュ出るか!? | THE 3RD PLANET (ザ・サードプラネット)