スマホでプライズ撮影!ひと工夫加えて、楽しい撮影をしてみよう!

prise-18

Myphoto

どうも、写真家のりょうたです。

はい。そうなんです。

いつも記事を書かせてもらっている僕、みのわりょうたですが…

本来は写真家なんですよ。実は。

 

なので、今回はそんな写真家の一面を、この記事でご披露したいと思います。

さて、ではどんな事で披露するのかと言いますと…。

先日出した、この記事の続き、という事でやっていきたいと思います。

【やってみた】UFOキャッチャーでスクイーズを取りに行った結果…。

 

この記事でなんとか取ったプライズの数々。

これ、家に置いて鑑賞するのもいいんですが…それだけだっとちょっとさみしいと思うんです。

 

出来る事なら、いい感じに写真を撮って、SNSに出そうと思いません?? 思いますよね。思うはずなんですよ。うん。そうだ。きっとそのはず。

 

そんな方の為に、撮ったプライズを綺麗に撮影する方法を、紹介したいと思います。

 

特別なものはいりません。

Prise 15

用意するのはシンプルです。ケータイと、プライズです。あとは、そのシチュエーションにあった小道具があればなお良し。(それはこの後の項目でご紹介しましょう)

 

え?一眼レフとか、お高いカメラはいらないのかと?

 

もちろん、あるにこしたことはないです。ただ、大体の人はそんなの持っていませんよね。ですが、スマホならほとんどの人が持っているはず。

 

なので今回は、スマホを使ってキレイに撮影する方法を載せていきますよ!

 

“それ”っぽい写真を撮ってみよう

Prise 3

今回、僕が取ったのはこれらです。

 

メロンパンに、関係ないアヒルこと、ツムツムのドナルドダックですね。これに店舗からお借りしたパンケーキ、餅などを加えてみます。

 

それぞれを撮影するあたり、考えるべきはプライズの種類。

 

種類とは、そのプライズがどんなものなのか、という事です。これらを分けると、食べ物キャラクターという種類に分ける事が出来ます。

 

あとはそれぞれのモノに合った、“それ”らしい写真を撮ってみるといいですよ!

 

メロンパン+ドナルド

Prise 4

さて、まずはこのメロンパンの場合です。

 

皆さん、メロンパンってどう食べますか?大体の人はお皿に乗っけて食べますよね?

って事で、お皿の上に乗っけてみましょう!

 

Prise 10

こんな感じ。普通に置くよりかサマになりましたね。

 

まぁこれだけだと面白くないので、ドナルドも登場させてしまいましょう。

ドナルドをちょっと離れた位置において…こんな感じ。

 

IMG 20170430 141850 01

はい、出来ました。

 

メロンパンを狙うドナルドの図。

 

ボケでうっすらドナルドが写ることによって、ドナルドがひっそりとメロンパンを狙っている空気が出てますよね!

食べ物とキャラクター。それぞれの役割を生かして撮ってみました。

 

インスタっぽいパンケーキ

Prise 7

さてさて、お次はこのパンケーキを撮ってみましょうか!

結構大きなパンケーキ。じゃあ…今回はオシャレな感じで撮ってみましょう。

 

用意するのはお皿とフォーク。

 

お皿の真ん中にパンケーキを置きまして、その上にフォークを置きます。

そして、後は真上から撮影すると…。

 

Prise 11

オシャレ。

 

インスタでこういう写真ありますよね〜。

 

お皿の形もまる。パンケーキもまる。お皿の柄にもまるがありますよね。

真上から撮れば、それら全てのまるが、美しく配置されている様に見えます。

 

真上からの撮影は、食べ物の撮影では良く使われる構図です。ぜひ色んなものを使って試してみましょう!

 

餅にはコレでいかが?

Prise 6

さて…なんだかんだ、こいつがちょっと曲者でした。餅。おもち。

 

器に入れてみたんですが、なんかしっくり来ず…。うーん、どうしよかなぁと思っていたんですが、こんなのを思いついてみました!

 

Prise 2

もち×はっぱ!!

 

ちょっと柏餅をイメージして、渋い感じで撮ってみました。

うまい具合に合ったと思いませんか?柏餅っぽさというかね。上手く餅のイメージにマッチしたものが作れました。ザ・和風。

 

工夫と注意点

Prise 14

やり方次第で、スマホでも色んな撮影をする事が出来ます!というよりも、スマホだからこそ色んな表現が出来るんですよね。

 

せっかくスマホを使っているのですから、編集アプリは最大限活用してみましょう。僕はSnapseedという無料の画像編集アプリを良く使っています!正直、これ1つあれば画像編集はほとんど出来るってくらい、万能なアプリなんですよ。

 

やりすぎは良くありませんが、ちょっと色を鮮やかにしたり、明るくしたりと、最後の調整の意味合いで使用する事をオススメします。

 

ひと工夫加えて、楽しいプライズ撮影にチャレンジ!

Prise 12

という事で、幾つかのパターンをお送りしてみましたが…いかがでしょうか?

 

ただスマホで撮影するよりも、ちょっとひと工夫を加えてみれば、面白い、カワイイ写真を撮ることが出来ますよ?

もちろん、ここで紹介したのは僕なりの表現。「私はこういう方がいいなぁ〜」という案があれば、ぜひやってみてください!

 

うーん…今回は結構真面目な記事になってしまいました…。ま、たまにはこんな記事も良いでしょう!ぜひ、スマホでプライズ撮影を楽しんでみてくださいね〜!!